フラワーアレンジメントとは?必要な材料や関係する資格

みなさんは、フラワーアレンジメントを知っていますか?テレビや雑誌などで目にすることはあるけれどよく分からない、という方が多いのではないでしょうか。

今回は、フラワーアレンジメントについて、みなさんにご紹介していきたいと思います。

フラワーアレンジメントと生け花の違い

フラワーアレンジメントも生け花も花を自由に装飾して自分好みの美しい作品を生み出すことは同じです。

生け花は日本で生まれた独自の文化で、あまりたくさんのお花を使わないで、豊かな空間を作り出すというのがコンセプトの1つですが、フラワーアレンジメントは、ヨーロッパ発祥で、お花をたくさん使って美しさを表現します。

その他にも細かい違いはありますが、ほとんど同じようなものだととらえることもできます。
フラワーアレンジメントを始めるには、まず何が必要なのでしょうか。

フラワーアレンジメントに必要な材料

・花の茎を切る際に必要な花ばさみ

・花を飾るために必要な器

・つけなおすための接着剤

・花を生ける「オアシス」

などがあります。接着剤、はさみなどはどこにでも売っていますが、オアシスはどこに売っているのかという疑問が生じます。オアシスは園芸店やホームセンターなどで買うことができますし、100円ショップにも売っていることがあり、インターネットでも購入することができます。

フラワーアレンジメントに関する資格

フラワーアレンジメントを単なる趣味だけでとしてではなく、フラワーアレンジメントに関するお仕事をなさっている方も多くいらっしゃいます。フラワーアレンジメントにかかわる仕事をしたいのなら、資格を取ることが必要です。

フラワーアレンジメント関係の資格としては、厚生労働省の「フラワー装飾技能士」

2級を取得するとフラワーデコレーター認定の教室を開くことができ、また1級を取得すると、認定スクールを開校することができるようになる「フラワーデコレーター」

日本フラワーデザイナー協会の公認スクールを開いたり、講師を務めることができるようになる「フラワーデザイナー」などがあります。

試験内容は、実技試験が主ですが、一部学科試験が課される資格もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする